読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

メトホルミン:乳酸アシドーシス

メトホルミン内服中に多量飲酒により著明な乳酸アシドーシスを発症した2型糖尿病の1

糖尿病Vol. 49 (2006) No. 12 P 941-945

被疑薬:メトホルミン(代表的な商品名▶メトグルコ・グリコラン・メルビン

 

症例

 

55歳男性.2型糖尿病に対しメトホルミン内服中

1日焼酎2合程度の飲酒習慣

症状

 

4日間にわたるアルコール多量摂取の後,多呼吸・嘔吐・吐血を主訴に救急搬送

著明な乳酸アシドーシス(pH 6.850, 血中乳酸値250 mg/dl)および高度の肝腎障害

疑われた

有害事象

メトホルミンによる乳酸アシドーシス

その後の経過

血液透析などによりアシドーシスは改善し,入院後に一過性の血小板減少および凝固能の延長を認めるも,経過に問題なく15日目に退院