読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

アムロジピン:腹水貯留

アムロジピンの関与が疑われる腹水貯留を来したSLE1

日本小児腎臓病学会雑誌Vol. 24 (2011) No. 2 p. 230-235

[フルテキストPDF]

被疑薬:アムロジピン(代表的な商品名▶アムロジン・ノルバスク

症例

 

14歳男性

全身性エリテマトーデス(SLE

症状

 

アムロジピン開始10日頃より腹水を生じた

 

疑われた

有害事象

アムロジピンが関連すると思われる腹水貯留

その後の経過

同剤中止後,約3週間で腹水が消失

 

※特にSLEでは腹水発症を助長する修飾因子が存在する可能性があることに留意すべ