読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

インフルエンザワクチン:辺縁系脳炎

インフルエンザワクチン接種後に辺縁系脳炎を発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の1

日本内科学会雑誌Vol. 101 (2012) No. 10 p. 2952-2954

[フルテキストPDF]

被疑薬:インフルエンザワクチン

症例

 

35歳,女性

全身性エリテマトーデス(SLE

症状

 

フルエンザワクチン接種10日後に発熱と有痛性頸部リンパ節腫脹、全身性エリテマトーデス(SLE)の増悪が疑われた

その後徐々に意識障害,失見当識,失禁等の症状が出現

疑われた

有害事象

髄液検査上蛋白濃度上昇,

単核球の出現あり辺縁系脳炎と診断

その後の経過

メチルプレドニゾロン大量投与と免疫グロブリン大量療法で

臨床症状と画像所見の改善に至る

 

ワクチン接種に関連する免疫応答が辺縁系脳炎発症に寄与した可能性