読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

プレガバリン:神経症状

糖尿病性神経障害による疼痛に対してプレガバリンを過量使用し神経症状を呈した血液透析患者の1

日本透析医学会雑誌Vol. 44 (2011) No. 7 P 637-641

[フルテキストPDF]

被疑薬:プレガバリン (代表的な商品名▶リリカ)

 

症例

 

63歳,女性

2型糖尿病に起因する末期腎不全で血液透析を導入

症状

 

プレガバリン1日量150mg,服用開始後3日目より浮遊感,傾眠,脱力感が出現し,服用4日目に当院の救急外来に搬送

疑われた

有害事象

プレガバリンの過量投与による副作用症状

その後の経過

連日3日間の血液透析を施行,3回目の透析治療後に症状はほぼ消失