読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のケースレポート日誌

国内外の医薬品有害事象に関する報告をデータベース化する試みです。

酸化マグネシウム製剤:大腸多発腸石

酸化マグネシウム製剤服用による大腸多発腸石の一例

山口医学Vol. 62 (2013) No. 1 p. 55-59

[フルテキストPDF]

 被疑薬:酸化マグネシウム製剤(代表的な商品名‣マグミット マグラックス

症例

 

70歳代,女性.腰椎圧迫骨折,尿路感染症で入院

入院中に脳梗塞を発症し寝たきり

症状

 

便秘に対して酸化マグネシウム製剤を開始した約3年後に腹部膨満が悪化

疑われた

有害事象

酸化マグネシウム製剤の長期投与により形成された腸石

その後の経過

酸化マグネシウム製剤の中止と排便コントロールを行い,2週間後の腹部CTで腸石は消失